かぶらとオレンジの甘酒あえのレシピ、作り方(harumicafe)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > その他 > かぶらとオレンジの甘酒あえ

クスパ レシピ

かぶらとオレンジの甘酒あえ harumicafe先生

印刷する

1

かぶらは五臓を保護し甘酒は気力をアップ、柑橘類の酸味が気の廻りをよくしてくれます。冬から春への季節の変わりめ陰から陽の季節になります。身も心も軽やかに元気に春を迎える1品です。

<材料>  分量:6人分   調理時間:20分

かぶら
200g
かぶらの葉
少々
オレンジ
1個
食塩
少々
甘酒(糖添加なし)
大さじ2
無糖ヨーグルト
大さじ2

作り方

【1】

かぶらは皮をむき、薄いいちょう切りにして梅酢小さじ1/2(分量外)をかけてしばらく置き、水気を取っておく

【2】

蕪の葉サッと茹で細かく刻んでおく

【3】

オレンジは皮、薄皮をとり食べやすく切る

【4】

甘酒、無糖ヨーグルト、食塩を合わせ1~3を混ぜ合わせる


★調理のコツ・ポイント★

かぶらは大根、オレンジは八朔などの柑橘系ならなんでも大丈夫。甘酒は麹で作ったものを使うと自然な甘さで美味しく仕上がります

レシピ制作者

harumicafe:菜彩クッキング(兵庫県 尼崎市 東園田町)

■先生のプロフィール

企業で管理栄養士として料理教室・生活習慣病予防教室に従事。 定年退職後食事で健康を維持増進させるには栄養学…(全て読む)

■ネット予約可能なレッスン

2020年12月11日(金)   冬への備え「風邪予防ランチ」


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59