ラタトゥイユのレシピ、作り方(佐藤 絵里子)

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > その他 > ラタトゥイユ

クスパ レシピ

ラタトゥイユ 佐藤 絵里子先生

印刷する

ラタトゥイユはシンプルな調味料が一番。塩麹を使って、ゆっくり蒸し煮にして、野菜の甘みとうまみを引き出していきます。

<材料>  分量:2人分(野菜計500g)   調理時間:25分

トマト
1個
ズッキーニ
1/2本
なす
1本
パプリカ(赤・黄)
各1/4個
玉ねぎ
1/4個
にんにく
1片
塩麹
大さじ1
オリーブオイル
大さじ1
エルブドプロヴァンス(あれば)
小さじ1/2
塩・黒こしょう
少々

作り方

【1】

にんにく、玉ねぎは薄切り。ズッキーニ、なす、パプリカは2.5㎝角。トマトはざく切り。

【2】

厚手の鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、弱火で香りが出るまで炒める。

【3】

玉ねぎを入れて透明感が出るまで中火で炒める。

【4】

ズッキーニ、なす、パプリカを入れて炒める。


【5】

オイルがなじんだら、塩麹を入れて混ぜ、弱火にしてフタをして蒸し煮にする。(8~10分、途中焦げないように時々混ぜる。)

【6】

トマトを入れ、さらにフタをして蒸し煮にする。(3~5分)

【7】

フタをとって、お好みの状態まで水分を飛ばしながら煮る。(2~4分)。味をみて塩こしょう、エルブドプロヴァンスで味を調える。

★調理のコツ・ポイント★

*ラタトゥイユとは→プロヴァンス地方の野菜煮込み料理。夏野菜をにんにくをオリーブ油で炒めて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草、唐辛子、ワインやベーコンなどの肉類を入れることもある。
白ワインとよく合い、そのままやパンと一緒に食べたりパスタソースにしてもいい。冷やしても美味しい。
*エルブドプロヴァンスとは→タイム、セイジ、ローズマリー、フェンネルなどを混合したドライハーブ。プロヴァンス地方(南仏)のハーブという意味。なければイタリアンハーブミックスやお好みのフレッシュハーブを使うといい。

レシピ制作者

佐藤 絵里子

佐藤 絵里子:お料理&お菓子の教室 12カ月(兵庫県 西宮市 南郷町)

■先生のプロフィール

関西学院大学史学科卒業後、辻学園調理・製菓専門学校に入学し調理師免許を取得。ツアーコンダクターとして、世界…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 6月22日(土)   水無月の和食クラス


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年5月28日

【お知らせ】line連携が可能になりました

いつもクスパをお使いいただき、ありがとうございます。

LINEログイン連携が可能になりました。
クスパ公式LINEができましたのでフォローもお願いします。

LINEログイン連携後は、その都度IDとPASSを入れなくてもログインできるようになります。