こしあぶらの沢煮椀のレシピ、作り方(石井 傳十郎)

クスパ > クスパ レシピ > シチュー・スープ・汁物 > お吸い物 > こしあぶらの沢煮椀

クスパ レシピ

こしあぶらの沢煮椀 石井 傳十郎先生

印刷する

7

山菜の終わり頃に旬を迎える『こしあぶら』を使った、ちょっと変わった『沢煮椀』です。ほんのりと香るこしあぶらの香りと鰹出しの香りが良く合います☆

<材料>  分量:3人前   調理時間:30分

山独活
40g
豚背脂(ベーコンでも可)
40g
ごぼう
30g
人参
50g
こしあぶら
4〜6本
鯛(30g)
3切
かつおだし
540cc
胡麻油
小さじ1
小さじ1/4
小さじ1
薄口醤油
小さじ1/5
黒こしょう
少々

作り方

【1】

豚背脂は横に薄く切って、細切りにする。熱湯で透明になるまでゆで、
ざるに上げて水けをきる。

【2】

うどは皮を厚めにむいて、せん切りにし水に放つ。
ごぼうは汚れを落とし、皮をこそげてささがきにして、水に放つ。

【3】

にんじんは皮をむいて、せん切りにする。
こしあぶらは掃除をしサッと素揚げしておく

【4】

鯛は素焼きにしておく


【5】

鍋にごま油小さじ1を中火で熱し、水けをきったごぼうと3
を入れていためる。

【6】

1を加えて、しばらくいためたら、だしを加える。
ひと煮立ちしたらアクを取り、塩小さじ1/4、酒大さじ1を加えて弱火にし、野菜が柔らかくなるまで煮る。

【7】

しょうゆ小さじ1/5を加えて火を止めて、器によそう。素焼きにした鯛、
水けをきったうど、素揚げにしたこしあぶら、黒こしょう適量をふり
出来上がり。

★調理のコツ・ポイント★

豚背脂を良く炒めて香りを出し、野菜を入れたら煮すぎないようにしましょう!

レシピ制作者

石井 傳十郎

石井 傳十郎:傳十郎:和食料理教室 (東十条5丁目)

■先生のプロフィール

都内銀座、恵比寿などの和食料理店で料理長を経験、ニューヨーク国連大使公邸料理人などを約6年間務める。 都内…(全て読む)


ページのトップへ戻る