つるむらさきの中華風おひたしのレシピ、作り方(神田依理子)

クスパ > クスパ レシピ > 野菜・きのこ・豆のおかず > 野菜 > その他 > つるむらさきの中華風おひたし

クスパ レシピ

つるむらさきの中華風おひたし 神田依理子先生

印刷する

1

つるむらさきは日本では染料として古代から使われていた、色もほうれん草より濃い、ちょっとくせのあるお野菜。
土臭い香りが特徴です。


主な産地は、宮城、山形などの東北。

10月頃までよく出回ります。

ほうれん草よりも、カロテン、ビタミンC、ビタミンB2,カルシウム、カリウム、鉄などが豊富!!

夏の暑さで疲れた体にパワーチャージしてくれます。

今回は中華風おひたしに。

<材料>  分量:4人分   調理時間:10分(漬ける時間は除く)

つるむらさき
180g
 熱湯
適量
 塩
少々
 冷水
適量
にんにく
1片
鷹の爪
1本
A 水
100cc
  紹興酒
大さじ1
  しょうゆ
小さじ1
  鶏がらスープの素
小さじ1/2
  砂糖
小さじ1/4

作り方

【1】

<下準備>
・つるむらさきは固い茎と葉に切り分ける。
塩を加えた熱湯で、茎は軟らかくなるまで1分、葉は20秒程ゆがき、冷水に取ってから水気を絞る。
5cm幅に切りそろえる。

【2】

・にんにくは皮・芯を除き、包丁の腹でつぶす。
・鷹の爪は中の種を取り、小口切りにする。

【3】

<作り方>
にんにく・Aを鍋に入れてひと煮立ちする。
火を止め、鷹の爪を加える。

【4】

③が冷めたら、つるむらさきを入れ、30分程漬ける。


★調理のコツ・ポイント★

※つるむらさきは加熱しすぎるとクセが強くなるので、火にかけるときはさっと。
※おひたしは冷蔵庫で冷やして食べても。
※他の青菜でもできます。つるむらさき以外でもどうぞ。

レシピ制作者

神田依理子

神田依理子:On the ball(旧erikocookingsalon(東京都 目黒区 自由が丘)

■先生のプロフィール

同志社大学文学部英文学科卒 広告代理店で営業職を経験し、のちに大手料理教室講師として勤務。 現在は東京・自…(全て読む)


ページのトップへ戻る