鶏のソテーバスク風(男子食堂Xクスパ LIVE KITCHEN! 掲載レシピ)のレシピ、作り方(安田 美紀)

クスパ > クスパ レシピ > お肉のおかず > 鶏肉 > 鶏もも肉 > 鶏のソテーバスク風(男子食堂Xクスパ LIVE KITCHEN! 掲載レシピ)

クスパ レシピ

鶏のソテーバスク風(男子食堂Xクスパ LIVE KITCHEN! 掲載レシピ) 安田 美紀先生

印刷する

26

フランス南西部のバスク地方のお料理。生ハムで巻いた鶏肉を、玉ねぎ、ピーマン、トマトなどど一緒に煮込むバスクのシンボルカラーである赤と緑が映える30分で出来る簡単ビストロフレンチです。

<材料>  分量:2人分   調理時間:30分

鶏もも肉
1枚
生ハム
4枚
玉ねぎ
1個
ピーマン(緑・赤)
各1個
トマト
2個
にんにく
2片
トマトペースト
大さじ1
フォンドヴォー(チキンブイヨン代用可)
150ml
白ワイン
50ml
ローリエ
1枚
オリーブオイル
大さじ2
塩・こしょう
少々
パセリ
適量

作り方

【1】

鶏肉を4等分に切り、生ハムを巻いて楊枝で止める。

【2】

玉ねぎは薄切り、ピーマン(緑・赤)は輪切り、トマトは1㎝角に切る。

【3】

鍋にオリーブオイルを入れて中火にかけ、①を入れ、生ハムの表面に軽く焼き色がついたら一度取り出す。

【4】

③の鍋に潰したにんにくを入れ、香りが出たら、玉ねぎとピーマンを炒める。


【5】

トマトペーストを入れて炒め、さらに白ワインを加える。

【6】

白ワインのアルコール分が飛んだらトマト、フォンドヴォー、ローリエを入れ、③の肉を鍋に戻し、ふたをして中火で15分程煮込む。

【7】

肉を取り出し楊枝をはずし、お皿に盛り付ける。

【8】

ローリエを取り除いて煮汁を軽く煮詰め、塩・こしょうで調味して、⑦の肉にかける。みじん切りにしたパセリを散らして完成。


★調理のコツ・ポイント★

火の入れ方に注意して鶏肉特有の食感と旨みを生かしながら全体を調和させていくのがポイントです。
フォンドヴォーの代わりにチキンブイヨンを150mlのお湯で溶かしたものでも代用できます。生ハムに塩気があるので、最後の塩加減は薄目にして下さい。

レシピ制作者

安田 美紀

安田 美紀:メゾンドシュクル札幌(北海道 札幌市中央区宮の森3条11丁目)

■先生のプロフィール

ル・コルドンブルーにて料理、菓子、パン全て卒業しグランデュプロムを取得、今田美奈子食卓芸術サロンにて、製菓…(全て読む)


メゾンドシュクル札幌の最新レシピ


ページのトップへ戻る