すいとんのレシピ、作り方(川口ひさ子)

クスパ > クスパ レシピ > 鍋料理 > 郷土鍋 > すいとん

クスパ レシピ

すいとん 川口ひさ子先生

印刷する

16

小腹がすいたときにすぐできて、根菜類がたくさん食べられる、体も心もあたたまるすいとんのご紹介です。
生地は練らないでさっと混ぜるだけで、ふわっともちっとしたすいとんに。どなたが作っても失敗なし!

<材料>  分量:2人分   調理時間:20分

国産強力粉
140g
160g
出汁
1リットル
大根
5㎝
にんじん
1/2本
里芋
2個
豚こま切れ
50g
小さじ1/2
しょうゆ
小さじ1/2
万能ねぎ
5本
しょうが
親指2本分
1個

作り方

【1】

大根は3mm厚さのいちょう切
にんじんは2mm厚さのいちょう切(もしくは半月切)
里芋は縦に皮をむいて、5mm厚さの輪切り
豚肉は1㎝幅に切る
万能ねぎは2mm幅の小口切り
しょうがは、すりおろす

【2】

出汁を鍋にいれ、1の材料をすべていれて、強火にかける。沸騰したら火を弱め、灰汁をとりながら野菜が柔らかくなるまでことこと煮る。

【3】

野菜を煮ている間に、強力粉と水をさっと混ぜ合わせる。ところどころ、ムラがあってもかまわない。練らなくてよい。これがすいとん生地。

【4】

2の鍋の野菜が柔らかくなったら、すいとん生地を大さじすり切り1杯ずつくいらい、出汁のなかに落としていく。全部落とし終わったらすいとんに火が通るまで3分ほどことこと煮る。


【5】

すいとんに火が通ったら(そんなに時間はかからない)、ここで初めて味をつける。まず、塩を加えて8割ほど味を調え、残りの2割はしょうゆを少し加える。(レシピの分量通りとは限らないので、味見をしながら)しょうゆが多いとあか抜けない味になる。

【6】

すいとんのおかげで汁にとろみが出てくる。そうしたら、溶き卵を玉杓子を通して全体に散らしで完成。

【7】

器に盛り付けて、万能ねぎの小口切りとおろししょうがを添える。お好みで七味をふる。

★調理のコツ・ポイント★

小麦粉のおいしさがが大事なポイントです。パン用の国産強力粉か、地粉を使ってください。つゆの味付けは塩がメイン、しょうゆは補い程度にすると、すっきりとしたおいしさで食べ飽きません。

レシピ制作者

川口ひさ子

川口ひさ子:料理教室 Supreme Bonheur(神奈川県 横浜市港北区 日吉本町)

■先生のプロフィール

大学で栄養学を専攻。卒業後、洋菓子・和菓子・料理全般・紅茶などを学ぶ。パンは、平成17年サラ(白神こだま酵…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年1月7日

【お知らせ】クスパ決済スタートしました

レッスン予約時にお支払い方法【クスパ決済】(クレジットカード払い)が選べるようになりました。当日お金のやり取りが発生せずに、ネット上で決済完了できます。ユーザー自身でキャンセルができるようになりました。
※教室がクスパ決済設定されたレッスンのみ予約可能です。