ほうれん草と卵のクリームグラタンのレシピ、作り方(川口ひさ子)

クスパ > クスパ レシピ > パスタ・グラタン > グラタン > その他 > ほうれん草と卵のクリームグラタン

クスパ レシピ

ほうれん草と卵のクリームグラタン 川口ひさ子先生

印刷する

27

冬が旬のほうれん草でアツアツのクリームグラタンはいかがですか。ゆでたまごが、全体の味をまろやかにまとめます。普段の日に作っていただきたい、家庭的なレシピです。

<材料>  分量:4人分(18×24×H5グラタン皿分)   調理時間:40分

ほうれん草
1把
固ゆで卵
3個
バター
30g
薄力粉
30g
牛乳
400g
生クリーム(乳脂肪47%)
60g
塩・こしょう
少々
固形スープ(砕いておく)
1/2個
溶けるチーズ
適量

作り方

【1】

ほうれん草は、流水でよく洗う。たっぷりの熱湯に熱湯の0.5%の塩を加えてほうれん草を色よくゆで上げて冷水にとり、3㎝長さに切っておく。ここでしっかりと絞って水気を切っておく。

【2】

ゆでたまごはカラをむき、5mm幅の輪切りにしておく。

【3】

ホワイトソースを作る。鍋にバターを入れてから弱火にかけ、バターが溶けたら薄力粉を加えてシリコンの泡だて器でまぜながら火を通す。

【4】

3に冷たい牛乳を4回に分けて加える。その都度シリコンの泡立て器で混ぜながら火を通しクリーム状につなげる。全部牛乳がはいってとろみがでたら、火をとめて生クリームを加える。


【5】

4に、塩コショウ・砕いた固形コンソメをくわえ混ぜ合わせる。コンソメが溶けないまま残っていてもよい。ここに、1のほうれん草を加え、菜箸などでほぐしながら、全体をまんべんなく混ぜる。

【6】

耐熱のグラタン皿に5の半分量を敷く。その上に輪切りのゆでたまごをまんべんまく並べる。その上に残りの5をゆでたまごを覆うようにかける。溶けるチーズをふりかけ、180℃で20分ほど焼く。

★調理のコツ・ポイント★

冬になって甘味を増した、旬のほうれん草を使いましょう。色が悪くならない程度に柔らかくゆでてください。具材はほうれん草と卵だけが、すっきりしていて食欲をそそりますし、実際おいしいです。

レシピ制作者

川口ひさ子

川口ひさ子:料理教室 Supreme Bonheur(神奈川県 横浜市港北区 日吉本町)

■先生のプロフィール

大学で栄養学を専攻。卒業後、洋菓子・和菓子・料理全般・紅茶などを学ぶ。パンは、平成17年サラ(白神こだま酵…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年1月7日

【お知らせ】クスパ決済スタートしました

レッスン予約時にお支払い方法【クスパ決済】(クレジットカード払い)が選べるようになりました。当日お金のやり取りが発生せずに、ネット上で決済完了できます。ユーザー自身でキャンセルができるようになりました。
※教室がクスパ決済設定されたレッスンのみ予約可能です。