桜と白あんのプチケーキのレシピ、作り方(山本ちかこ)

クスパ > クスパ レシピ > お菓子 > マフィン・カップケーキ > その他 > 桜と白あんのプチケーキ

クスパ レシピ

桜と白あんのプチケーキ 山本ちかこ先生

印刷する

18

最初から最後までフードプロセッサーでガガガーと混ぜていくだけのレシピですが、和菓子と洋菓子の間のような、花見のおもたせにぴったりのお菓子になりました。

<材料>  分量:ミニカップケーキ型12個分   調理時間:40分

無塩バター
50g
グラニュー糖
70g
90g
薄力粉
35g
ベーキングパウダー
小さじ1/5
アーモンドパウダー
50g
白あん
50g
桜の塩漬け
7g
桜の塩漬け(飾り用、形の良いもの)
6個
無塩バター(型用)
15g
キルシュ
大さじ1

作り方

【1】

桜の塩漬けをボールに張った水の中で洗い、塩抜きする。飾り用は半分にさいておく。

【2】

型の内側にポマード状に戻したバターをハケで塗る。

【3】

フードプロセッサーに常温に戻したバターを入れて軽く撹拌し、グラニュー糖を入れて10秒程撹拌する。

【4】

溶きほぐした卵を入れて5~10秒、むらがなくなるまで撹拌する。


【5】

一緒にふるった薄力粉とベーキングパウダーを加えて5秒、アーモンドパウダーを加えて5秒、白あんと水気を6、切った1の桜を加えて5秒撹拌する。

【6】

口金をつけていない絞り出し袋で、型に生地を流し込み、型をふきんの上で軽くトントンと叩いて空気を抜き、上に飾り用の桜をおいて、170度のオーブンで20~25分程焼く。

【7】

オーブンから出して粗熱が取れたら型から外し、ハケでキルシュを塗る。

★調理のコツ・ポイント★

フードプロセッサーがないときは、泡立て器で混ぜてももちろんOK。
フードプロセッサーを使うときは、容器の縁に付いた生地をヘラで払いながら、小刻みに撹拌するのがポイント。
レシピの秒数は参考程度に、ちゃんと混ぜて下さい。でも、回しすぎると生地が柔らかくなりすぎるので注意。

レシピ制作者

山本ちかこ

山本ちかこ:台所deビストロ(東京都 世田谷区 野沢)

■先生のプロフィール

大阪外国語大学 スペイン語科卒業。会社員として働いた後に料理の道へ。 調理師学校(エコール辻)でフランス・…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年8月19日

【重要】メンテナンスのお知らせ

いつもクスパをご利用いただき、ありがとうございます。
8月26日(月)1:00~3:00まで、誠に勝手ながら、メンテナンスを行います。
上記時間帯はサイトにアクセスいただけませんのでご注意ください。

※メンテナンス時間はあくまで目安になりますので、長引く可能性がございます。ご了承ください。