秋鮭と茸、栗の軽いクリーム煮のレシピ、作り方(河合 寧子)

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 魚介のおかず > > 秋鮭と茸、栗の軽いクリーム煮

クスパ レシピ

秋鮭と茸、栗の軽いクリーム煮 河合 寧子先生

印刷する

26

ブイヨンと白ワインで栗、茸を煮込んで、生クリームで仕上げ、
ソテーした鮭の切り身を加え、軽く煮込む。

<材料>  分量:4人分   調理時間:20分

4切れ
しめじ
100g
エリンギ
1本
生椎茸
4枚
榎だけ
100g
8個
白ワイン
1カップ
ブイヨン
1カップ
イタリアンパセリ
2本
生クリーム
100cc
オリーブ油
大さじ2
小麦粉
大さじ2

作り方

【1】

鮭に塩、こしょうをふり、10分置いて、小麦粉を薄くまぶす。
フライパンにオリーブ油を入れて、鮭を中火で両面焦げ目がつく位に焼く。

【2】

ソースパンにブイヨン、白ワイン、栗、茸を入れて中火で煮る。
栗が柔らかくなったら、生クリームを加え、塩、こしょうで調味し、鮭を戻しいれて3~4分煮込み。イタリアンパセリをふる。

★調理のコツ・ポイント★

生クリームを加えるときに茸、栗の煮汁が多いときは、少し煮詰めるとこくがでておいしいです。

レシピ制作者

河合 寧子

河合 寧子:cooking inトラテーザ(東京都 世田谷区 南烏山)

■先生のプロフィール

大学食物科卒業後、食品会社で自社製品を使った商品開発や講習会に従事し、 『家庭料理を美味しくしたい」との考…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2020年12月1日

毎年恒例のクスパアワードの投票がスタートしました!!
毎年ユーザー様から投票数・アクセス数・クチコミ数・アクセス数等から総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰します!

【投票受付期間】
2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)23:59