アボカドと豚肉の冷リゾットのレシピ、作り方(貞本 紘子)

クスパ > クスパ レシピ > ご飯もの > 粥・雑炊・リゾット > リゾット > アボカドと豚肉の冷リゾット

クスパ レシピ

アボカドと豚肉の冷リゾット 貞本 紘子先生

印刷する

白ワインビネガーで酸味を効かせた、さっぱりとした冷たいリゾットです。夏のパーティー料理の〆に。

<材料>  分量:2人分   調理時間:20分

アボカド
1/2個
冷やご飯
160g
豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用)
2枚
たくあんか浅漬け
20g
パルメザンチーズ
小さじ1
白ワインビネガー
小さじ1
冷たいだし汁
大さじ2
岩塩
少々
黒こしょう
少々

作り方

【1】

豚薄切り肉は塩少々(分量外)で下味をつけてから熱湯でさっとゆで、冷水にとって冷ます。水気をキッチンペーパーで取り、1cm位の大きさに切る。たくあん(又はきゅうり、かりもり、ズッキーニなどの浅漬け)もみじん切りにする。

【2】

ボウルに1と冷やご飯、調味料をすべて入れて混ぜる。

【3】

お皿の中央にリゾットを丸く形を整えて盛り、上に1mm幅にスライスしたアボカドを並べる。黒こしょうとパルメザンチーズ、オリーブ油(すべて分量外)をまわりに少量たらして飾る。

★調理のコツ・ポイント★

ご飯は冷たい方が白ワインビネガーの酸味が引き立って美味しいです。
盛り付けてから冷蔵庫で冷やしておけるので、おもてなしの席にも事前準備が出来ます。

レシピ制作者

貞本 紘子

貞本 紘子:cafe&cookingclass colette(岐阜県 可児市 矢戸)

■先生のプロフィール

料理教室に通うようになって食の楽しさ、大切さに目覚め、食の道を目指す事を決意。パン屋、ケーキ屋、イタリアン…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 7月25日(木)   レーズンブレッド


ページのトップへ戻る