基本のバジルソース(ペスト・ジェノヴェーゼ)のレシピ、作り方(名田 緑)

クスパ > クスパ レシピ > 調味料・ドレッシング > 万能タレ・ソース > 基本のバジルソース(ペスト・ジェノヴェーゼ)

クスパ レシピ

基本のバジルソース(ペスト・ジェノヴェーゼ) 名田 緑先生

印刷する

3

バジルに松の実、にんにく、オリーブオイルをすり混ぜて作るバジルペースト、イタリアのリグーリア州ジェノヴァ生まれで、ペスト・ジェノヴェーゼとも呼ばれます。
香り高いバジルの葉が手に入ったらぜひ作ってみてください。
作り方はとってもシンプル。

<材料>  分量:作りやすい分量(約240ml)   調理時間:20分

バジルの葉の部分
100g
松の実
50g
にんにくのみじん切り
小さじ2
小さじ2/3~
オリーブオイル
100ml

作り方

【1】

バジルはたっぷりの水でよく洗い、葉の部分と、茎、葉脈の部分を分ける。
葉の部分の水気をしっかり切って、ここで100g計量する。

【2】

松の実、にんにくのみじん切り、塩、オリーブオイルをミキサーにかけてなめらかにする。

【3】

バジルの葉を加えてさらにミキサーにかける。

【4】

何度かミキサーを止め、菜箸などで上下かき混ぜながら均一なペーストにする。
最後に味見をして、塩分が足りないようなら塩を加えて調味する。


【5】

瓶などに入れて、表面が空気に触れないようにオリーブオイルを5ミリほど注ぐ。冷蔵庫で2週間保存可能。
または冷凍で半年保存可能。凍らせる前に表面をラップなどで覆い、空気に触れないようにすると鮮やかな緑色が保てる。

★調理のコツ・ポイント★

・バジルは茎、葉脈を取り除く前に約140gあれば、葉の部分は約100gです。
・パスタソースなどに使う場合(2人分)は、ペースト大さじ3にパルミジャーノ・レッジャーノのすりおろし大さじ1を加えます。
・魚介のグリル、茹で野菜などにも。

レシピ制作者

名田 緑

名田 緑:イタリア、フランス料理の教室 LA CUCINA VERDE(神奈川県 横浜市都筑区 大棚西)

■先生のプロフィール

単身イタリアに渡り、現地の料理学校や一般家庭の主婦からイタリア各地の料理を学ぶ。 帰国後、ル・コルドン・ブ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 7月23日(火)   フランス料理(地方のおそうざい)


ページのトップへ戻る