ひよこ豆とキノコのスープのレシピ、作り方(角之倉真美)

クスパ > クスパ レシピ > シチュー・スープ・汁物 > 洋風スープ > その他 > ひよこ豆とキノコのスープ

クスパ レシピ

ひよこ豆とキノコのスープ 角之倉真美先生

印刷する

1

【ビクトリノックス トマト・ベジタブルナイフ使用】
イタリアの家庭に1本はあるギザ刃ナイフ。トマト・ベジタブルナイフで切った野菜を煮込むとなんともマンマなミネストラになります。

【ビクトリノックス×クスパ】コラボ企画Vol.10で制作されたレシピです。

<材料>  分量:4人分   調理時間:1時間

ひよこ豆(乾燥)
50g
じゃがいも
1個
セロリ
1/2本
玉ねぎ
1/2本
人参
1/4本
しめじ
1/4パック
ドライトマト
20g
ドライポルチーニ
10g
パルミジャーノ レッジャーノ
適量
オリーブオイル
適量
適量
胡椒
適量
ローズマリー
2本
ローリエ
2枚
1L

作り方

【1】

ひよこ豆はさっと洗ってたっぷりの水で1晩戻す。
水をかえてたっぷりの水と、ローリエ1枚を加えて茹でていく。(豆にもよりますが、40分ほどで柔らかくなります。)柔らかくなったら適量の塩を入れておく。

【2】

じゃがいも、玉ねぎ、人参は皮をむいて、1cm各に切っておく。
セロリ、しめじも同じ大きさに切っておく。
ドライポルチーニとドライトマトはさっと洗って刻んでおく。

【3】

鍋に水、1のひよこ豆(茹で汁ごと)、2の野菜、しめじ、ローリエとローズマリーをタコ糸で結んだものを一緒に入れて火にかける。
沸くまでは強火で、あとは弱火で野菜の旨みが十分出るまで40分は煮込む。

【4】

旨みが出たら、塩、胡椒で味を調えスープカップにもりつけ、すりおろしたパルミジャーノ レッジャーノ、美味しいオリーブオイルをかけてパンを添えていただく。


★調理のコツ・ポイント★

豆のスープ、イタリアの冬の味です。
たっぷり作っておいて、次の日も味がなじんで美味しいです。

レシピ制作者

角之倉真美

角之倉真美:小さなお料理お教室 ミンニョロ ミンニョラ 花園教室(千葉県 千葉市花見川区 花園)

■先生のプロフィール

共立女子大学食物科卒業後、イタリアに料理留学しレストランだけでなく、多くの家庭料理を学ぶ。帰国後辻クッキン…(全て読む)


ページのトップへ戻る



クスパからのお知らせ

2019年7月8日

【お知らせ】教室ページ一部表示変更に関して

お世話になっております。クスパ運営事務局です。

クスパのサイトはより皆さまに快適にお使いいただけるように、本日よりサイト内を一部変更させて頂きました。

■【先生の教室ページ】につきまして、見た目が変わりました!

■先生の教室下部にある【アクションボタン】が変更されました。
お気に入りから→フォロー、シェアボタン、問い合わせ、レッスン予約となっております。

変更に伴い、ご不便あるかと思いますが
何卒よろしくお願いいたします。