アヴォカトとグレープフルーツと海老の冷たいグラチネのレシピ、作り方(西井 英子)

クスパ > クスパ レシピ > シチュー・スープ・汁物 > その他 > アヴォカトとグレープフルーツと海老の冷たいグラチネ

クスパ レシピ

アヴォカトとグレープフルーツと海老の冷たいグラチネ 西井 英子先生

印刷する

夏向きの前菜、焼かないグラチネ(グラタン)です。

<材料>  分量:4人分   調理時間:30分

アヴォカト
1/2個
ルビーグレープフルーツ
1個
豆乳
適量
お刺身用赤海老
12尾
サンドウィッチ用食パン
1枚
塩,こしょう,オリーブ油
各適量
マリネ用はちみつと塩こしょう
各少々

作り方

【1】

アヴォカトの皮と種を取り除き、1cm角ほどに切る。グレープフルーツは半分果肉を取りはちみつと塩こしょうでマリネし、半分は果汁を搾る。

【2】

果汁とアヴォカトをよくミキサーにかけてなめらかにし、ボウルに移して濃度を見て豆乳を加えてのばす。シチューのホワイトソース位の濃度にする。

【3】

海老は背わたを取り、塩こしょうをしてオリーブ油でサッとソテする。

【4】

クルトンを作る。食パンを小さなさいころ状に切り、多めの油を引いたフライパンで中火で炒めていく。常に揺すりながら、パンに油を良く吸わ背ながら炒める。少しきつね色になれば、ペーパーに上げて油を切る。


【5】

器に海老とマリネしたグレープフルーツを置き、上から2のアヴォカトのソースを覆う様にかけて、クルトンを散らす。あればハーブ(ディルやセルフィーユ)またはベビーリーフのサラダを添える。

★調理のコツ・ポイント★

クルトンは色づき始めると、すぐに焦げてしまいます。火加減と取り出すタイミングに注意して下さい。面倒な場合は、バゲットのトーストでも構いません。好みのチーズをのせて添えても良いと思います。

レシピ制作者

西井 英子:フランス料理教室 Amuse(大阪府 和泉市 府中町)

■先生のプロフィール

短大卒業後、洋菓子店で約10年ほど働きながら、独学でフランス料理を学ぶ。 本格的に学びたいため29歳でエ…(全て読む)

■インターネット予約可能なレッスン

2019年 5月21日(火)   春から初夏にかけて 軽やかなフランス料理でおもてなしレッスン


ページのトップへ戻る