焼き野菜とカマンベールのキッシュのレシピ、作り方(栗田 登志子)

クスパアワード2019とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2019年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2019年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2019 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2019年12月2日(月)~2020年1月7日(火)
×
2019年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > クスパ レシピ > 生地もの・粉もの > その他 > 焼き野菜とカマンベールのキッシュ

クスパ レシピ

焼き野菜とカマンベールのキッシュ 栗田 登志子先生

印刷する

2

塩で甘味と旨みを引き出し、じっくり焼いた野菜がたっぷりのヘルシーなキッシュです。

<材料>  分量:5~6人分   調理時間:約30分

薄力粉 A
80g
強力粉 A
40g
バター(2cm角) A
60g
冷水
大2
かぼちゃ(1㎝幅) B
100g
パプリカ(1㎝幅) B
1/4ケ
玉ねぎ B
1/4ケ
ズッキーニ(1㎝幅) B
1/2ケ
トッピングソルト
小1/2
プチトマト
6ケ
ベーコン(1㎝幅)
3枚
コーン
大2
カマンベールチーズ
1/2ヶ
卵 C
2ケ
生クリーム C
100cc
お塩で減塩 C
小1/8
コショウ C
少々
ナツメグ C
少々
粗挽きコショウ
少々

作り方

【1】

フードプロセッサーにAを入れてさらさらになるまでかける。そこに冷水を加えて一固まりになるまでかける。

【2】

生地をポリ袋に入れて麺棒で型より一回り大きく伸ばし、冷蔵庫で冷やしておく。

【3】

2の生地にオーブンシートを張り付けてひっくり返して型に敷き込み、フォークで所々穴を開ける。

【4】

Bの野菜を一口大に切り、トッピングソルトをまぶしておく。


【5】

タルトの上に水気を切ったパプリカ、かぼちゃ、玉ねぎをのせ、オーブン皿には水気をしっかり絞ったズッキーニ、トマトをのせる。

【6】

200℃のオーブンで約15分野菜に少し焼き色がつくまで焼く。

【7】

オーブン皿で焼いた野菜とベーコン、カマンベールをタルトにのせ、混ぜ合わせたCを流し込む。

【8】

粗挽きコショウを振って180℃に予熱したオーブンに入れて15~20分焼く。


★調理のコツ・ポイント★

タルトに野菜をのせる時はしっかり水分を切ってのせましょう。この野菜がタルトを空焼きする時の重し代わりにもなり、野菜もしっかり焼くことができます。水分が多い野菜(ズッキーニ、トマト)はオーブン皿に直接載せて焼きましょう。

レシピ制作者

栗田 登志子

栗田 登志子:栗田クッキングサロン(兵庫県 神戸市東灘区 住吉宮町)

■先生のプロフィール

短大英文科卒業後、各国料理・パン・懐石料理教室などに通う。その後懐石料理教室助手を務める傍ら女子栄養大学通…(全て読む)


ページのトップへ戻る