クリスマス料理レッスン⭐︎身近な素材でパーティを華やかに

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > 東京都 > 武蔵野・三鷹周辺 > リンコントロ吉祥寺料理教室 > レッスン情報 > クリスマス料理レッスン⭐︎身近な素材でパーティを華やかに

最終更新日:2020/11/10

リンコントロ吉祥寺料理教室(東京都武蔵野市)

楽しい吉祥寺で簡単お洒落なイタリアンを一緒に作りましょ

この教室のフォロワー:
162人
過去の予約人数:
252人

クスパアワード2020この教室へ投票する

レッスン情報

過去のレッスン


基本のポテトサラダをできるだけ簡単に作ります。クリスマスパーティではポテサラを土台にリース風サラダにアレンジ⭐︎シーザードレッシングも作ってリースに添えます。牡蠣のチャウダー、今回はリコピンたっぷり酸味の効いた真っ赤なマンハッタンチャウダーです。メインは気軽に食べられるフィンガーハンバーグ♫隠し味も詰まってます。栄養たっぷり具材を合わせて炊くだけの鮭とトマトの洋風炊き込みご飯。ドルチェはコーヒーリキュールのブラマンジェ♡コーヒー苦手な方はリキュール抜きで^_^

クリスマス料理レッスン⭐︎身近な素材でパーティを華やかに

■レッスン開催日時

予約したい日程をお選びください

※予約ボタンのない日程に関しては教室へ直接お問い合わせください

※「予約開始日」が記載されているレッスンは、予約開始日以降に予約できるようになります

  • 基本のポテトサラダ基本のポテトサラダ
  • 牡蠣のマンハッタンチャウダー牡蠣のマンハッタンチャウダー
  • フィンガーハンバーグフィンガーハンバーグ
  • 鮭とトマトの洋風炊き込みご飯鮭とトマトの洋風炊き込みご飯
  • コーヒーリキュール香るブラマンジェコーヒーリキュール香るブラマンジェ
■開催場所 東京都 武蔵野市 吉祥寺
■レッスンメニュー ○ポテトサラダ○ポテトサラダのリース風○シーザードレッシング○牡蠣のマンハッタンチャウダー○フィンガーハンバーグ○鮭とトマトの炊き込みご飯○コーヒーリキュールのブラマンジェ
■レッスン内容 家庭料理
■レッスンの流れ レシピ説明後、実習形式で調理します。実習後試食していただきます。ご試食なさらずお持ち帰りいただいても結構です。
■受講料 5,800円(税込)
■定員 4名
■持ち物 ハンドタオル、エプロン
■備考 ※キャンセルはご自分でできませんので、必ずご連絡ください。
※レッスン当日より7日前からキャンセル料が派生しますので、お気をつけてください。
※キャンセル料が50%以上派生してしまった方にはレシピをお渡しいたします。
※入室は10分前からとなります。
■支払方法
クスパ決済
教室指定のお支払い(当日現金またはPayPayまたはクレジットカードでお支払いください)
■教室指定お支払い時のキャンセルポリシー レッスン7日前〜4日前まで レッスン料金の30%
レッスン3日前〜2日前まで レッスン料金の50%
レッスン前日〜当日 レッスン料金の100%
*キャンセル料はお振込となります。
先生情報
坂本秀子
坂本秀子

クラシック音楽に関わる仕事をする傍ら、イタリアンレストランの勤務経験を経て2014年からクックパッド料理教室吉祥寺教室をスタート。
レシピ本や企業の社員食堂のメニューにもレシピを提供。
○2015年2月6日 日本テレビ「ニュースevery」で個性派料理教室として紹介される。

教室からのお知らせ

2019/12/30

リンコントロ吉祥寺料理教室の坂本秀子です。

新しい2月のレッスンを公開しましたのでお知らせします。
https://cookingschool.jp/do/s/school/lesson?schoolLessonId=228002&schoolId=14925
レッスンメニューの写真と説明はインスタで紹介させていただいております⬇︎

https://www.instagram.com/p/B6ptbdrFevm/


今年も大変お世話になりました。

ご参加くださった皆様、ありがとうございます。
心からお礼申し上げます❤️


どうぞ良いお年をお迎えください。


ページのトップへ戻る