どれくらい捏ねたら良いの?

クスパアワード2020とは?
1年で最も支持を集めた料理教室の先生を発表するクスパアワード。2020年も、ユーザー様からの投票数・クチコミ数・アクセス数などを総合的に審査し、満足度が高かった教室を表彰する予定です。
2020年に参加した料理教室のなかで、もっとも満足度の高い教室を「クスパアワード2020 この教室に投票する」ボタンより、ご投票をお願いいたします。
なお、投票はお1人様1教室しかできません。不正があった場合は無効票となります。
投票期間:2020年12月1日(火)~2021年1月5日(火)
×
2020年一番満足度の高い教室は?クスパアワード投票受付中!

クスパ > 教室トップ > ブログ記事一覧 > どれくらい捏ねたら良いの?

最終更新日:2020/10/29

赤羽手ごねパン教室パンドママン(東京都北区)

初心者でも美味しいパンが作れます。丁寧に、楽しくレッスンいたします。ぜひオンリーパンを作りましょう!

この教室のフォロワー:
15人
過去の予約人数:
23人

クスパアワード2020この教室へ投票する

赤羽 手ごねパン教室 パン ド ママン☆2名様までのプライベートレッスン☆自宅で好きなパンが焼けるように…!

>>ブログを見る

どれくらい捏ねたら良いの?
2020/7/27 13:47 UP

パン作り初心者の頃、
「教室で作るパンは美味しいのに、家で焼くとなんだか固い…どうしてかなぁ。。。」
と思ったことがあります。

レッスン中、同じ内容の質問をされることがあります。

固くなる原因は色々あると思いますが、初心者さんにありがちなのは、

捏ね不足。

捏ねが足りないのでは、とお話しします。(グルテンが弱い)
ひとりで捏ねていると、目の前に先生がいる訳ではないので
「疲れたなぁ。これくらいで良いかなぁ。はい、発酵しましょっ!」
このパターン。家で作ると凄く長い時間捏ねている錯覚(⁈)に陥り、案外と足りないことが多いと思います。
私のレッスンでは、生地を手で捏ねていただいています。その際、数を数えたり、時間を計ったりしません。感覚を身に付けていただきたいので、特に数字に頼ることをしていないのです。
バターが多い、卵が多い、砂糖が多い、といったリッチな生地と、それとは逆の簡素な生地では捏ねあがりまでの道のりが違います。


数に頼ると、今日は100回捏ねたけど、前回は300回って言われたなぁ。その違いはなんなの?私なら混乱します…
だから感覚で…!

そうすると次に不安に思うのが

「捏ね過ぎ」

でも心配はいりません!捏ね過ぎるとグルテン組織が壊れるそうですがその状態を私は見たことがありません。何故なら捏ねすぎたことがないからです!手で捏ねる場合、捏ね過ぎ状態になる前に疲れ果てます…!

機械捏ねは疲れ果てることがないのでうっかり捏ね過ぎた、ということがあるかもしれませんが、手捏ねの場合は心配ご無用。思う存分捏ねてください!

「もう良いかなぁ、と思ったらそこからもう一曲歌いながら捏ねましょう!」

そんなご提案を♬

「捏ね過ぎることは無い!」

この一言で安心される方も!慣れないうちは「どれくらい」がわからないものです。
グルテン膜ができるまで、思う存分捏ねてみてください。回を重ねるごとに感覚が身に付きます。

知識だけでは上手くいかないのがパン作りかもしれません。知識と経験で美味しいパンが作れるようになります…!

どうしてかなぁ、ということでしたら思う存分捏ねて焼いてみてくださいね。



初心者向けパン教室🍞赤羽パンドママンのHPはこちらから
手ごねパン教室パンドママンは、東京都北区赤羽にある手ごねパン教室です♪ Pain de mamanは、<ママのパン>という意味のフランス語です。 ママの味… 懐かしい味。 計量から焼き上げまでご自身で行いますから、 達成感を感じることができます。 レッスンを重ねるごとに自信が付き、 ご自宅でもパンが焼けるようになります! 家庭用オーブンを使用、身近な食材を使ってレッスンを行いますので、 お家でも必ず美味しいパンが焼けるようになります。 楽しくパンを焼いてレッスン終了! ではなく、 お家で1人でも美味しく焼けるようになるまでがレッスンです。 ご自宅で美味しく作れるようサポートいたします。 初心者さん、 バゲットなどハード系のパンを焼きたい方、 自家製酵母に興味のある方…! 是非一緒にパン作りの楽しさを深めましょう!paindemaman.jimdo.com




●体験レッスンのパンお一人で作っていただきます。

>>ブログ記事を読む

<<先生のブログ記事一覧へ

先生情報
Hidemama
Hidemama

結婚を機に家業である八百屋を手伝いながら出産・育児の毎日。家で食べるパンを作れたらな、と軽い気持ちで大手料理教室に通い始め、あっという間にパン作りにはまってしまいました。そのまま生徒からパン講師になり7年。パン作りに飽きることなく、パンを焼く毎日を過ごしています。



ページのトップへ戻る