オトナ女子の本格薬膳教室「ナチュラル薬膳生活カレッジ柏本校」

調理時間:30分

アンチエイジングの薬膳ご飯♪
栗は若々しさのモトを貯えている「腎(じん)」エネルギーを補充するほか、認知症予防にも嬉しい「健脳」の働きが。旬の和栗に胡麻の香りを添えて和風薬膳に仕上げました。当校の薬膳ご飯は基本的にふっくら土鍋炊きです。

材料(4人分)

精白米
2合
◎剥き栗
100g
◎水
450ml
◎日本酒
大1
◎醤油
小1/2
◎粗糖
小1/2
◎岩塩
1ml
炒って半刷りした白ごま
大2

作り方

1.下ごしらえした米を◎とともに土鍋に入れてよく混ぜ、蓋をかけて吹いてくるまで強火で約10分ほど加熱する。

2.沸騰したら弱火にして、なべ底からざっと一旦まぜて蓋を戻す。

3.3~4分程度加熱したら火を止め、蓋を開けて白ごまを加えすぐにまた蓋を戻し5分蒸らす。

4.蒸らし終わったら、めいめいのご飯茶碗によそる。

コツ・ポイント

♡栗を15分くらい茹で鬼皮と渋皮を剥いた栗を使いましたが、市販のもので代替すると手軽です。
♡水分量や加熱時間は米の状態や調理器具に合わせて、調節してください。
『ナチュラル薬膳生活入門編』補気類 栗 p.112 参照